プロミスは50万円を超えるの融資を受けたい人は要注意!

プロミスから50万円を超える融資の場合、極端に審査が厳しいものとなります。


元々、カードローン自体、50万円以下の融資を想定して作られているローンており、50万円を超える融資を希望する場合は極端に審査に時間がかかり、厳しくなる傾向があります。


実際、私の場合も最初に30万円の契約を行い、後日借入限度枠を70万円に増枠しましたが、増枠時に審査に丸1日掛かったので、増枠の審査も例外ではありません。


では審査面でどれくらい厳しいものになるのかを詳しく説明していきます。



    審査時間が長くなるということ

    50万円以下の場合は最短で申し込みから1時間程度で融資を受けることが出来るのですが、50万円以上の場合は早い場合で3時間。
    平均的に、丸1日〜2日程度は掛かると見ておくようにしましょう。


    当サイトで実際に初めての申し込みの方に60万円〜100万円の範囲で融資の申し込みを検証してみましたが、結果は以下となりました。


    検証1 27歳男性 60万円の融資希望の場合

    まず、最初は27歳の男性で60万円を希望したケースを紹介します。


    • 年齢 27歳
    • 自宅 賃貸アパート
    • 勤続年数 5年
    • 他社借入 なし
    • 融資希望額 60万円
    結果:申し込みを行い審査結果が戻ってきたのは4時間後

    朝は通勤中の電車の中で7時30分に申し込みを完了し、審査結果が戻ってきたのは午前11時30分でした。
    通常は、15分から30分程度で審査完了の電話が掛かってきますが、実際の審査時間は4時間ほどでした。


    更に結果は60万円の融資は難しいが、40万円までの融資は可能ですがどうしますか?といった内容でした。


    審査時間は50万円を超える金額は極端に遅くなるということを把握しておきましょう。


    収入証明書の提出が必ず必要になる

    50万円を超える融資を受ける場合は、必ず収入証明書の提出が必要になります。


    収入証明書の提出イメージ


    基本的に50万円以下の融資の場合は収入証明書の提出は不要ですし、他社へ借入がない場合はほぼ自己申告のみで問題ありませんが、50万円を超える融資となると話は別です。


    必ず、収入証明書の提出が必要になるので注意しましょう!


    50万円を超える金額の審査に通るためには

    50万円を超える融資の審査に通るために最低限満たしておきたい条件についてを例にあげていきます。


    総量規制の対象にならないこと

    例えば、融資希望額が、100万円なら、年収は最低でも300万円ほど必要になります。
    これは総量規制といって、年収の1/3までしか融資を受けることができない仕組みになっている為、自身の年収の1/3以上の融資を希望しても審査に通る事はまず考えられません。


    他にも既に50万円ほど他社のカードローンを利用している人の場合で、100万円の融資を受けたい場合は、年収が最低でも350万円ほど必要になるので累計して自身の年収の金額の1/3を超えない融資を希望するようにしましょう。


    審査の基準はそこまで厳しくないと考えてもOK

    審査に時間が掛かるようになったと説明しましたが、審査の基準はそこまで実は厳しくありません。


    要は、ポイント1で説明した総量規制の範囲内であることは大前提ですが、返済能力があり、信用情報に傷がついていなければ50万円以下の審査と同じ流れで契約をする事が出来ると考えもらって大丈夫です。